ニチプレ製品カタログ 2021年4月度
32/96

322R自転車置場上屋シリーズ屋根部分に特徴があり、デザインに定評あり。標 準 仕 様項 目内 容柱梁間隔2,500(標準スパン)高さ2,300(平面ラックの場合) 2,850(2段ラックの場合)3,000(スライドラック+2段ラックの場合)柱・梁高耐食性溶融めっき鋼板母屋高耐食性溶融めっき鋼板屋根・ガルバリウム鋼板 ・サイレンスルーフ(塩ビ鋼板)・アルミ板 ・アルミパネル ・ポリカーボネート車止めパイプスチール製(高耐食性溶融めっき鋼板)/ステンレス製雨樋軒樋 : 塩ビ製 竪樋 : 塩ビ製塗装粉体焼付塗装積雪荷重市町村の区域に応じた垂直積雪量による対応が可能600N/(積雪量30cm)標準仕様※柱施工方式は埋込もしくはベースプレートをお選びいただけます。※土間コンクリート一体の場合、基礎形状はこの限りではありません。※写真と仕様につきましては一部異なる場合があります。※降雪時は適宜除雪を行ってください。※材料は、「高耐食性溶融めっき鋼板」以外を使用する場合があります。 担当営業にお問い合わせください。型 式 表屋根材ガルバリウム鋼板塩ビ鋼板アルミ板アルミパネルポリカーボネート呼称NCF-2RNCE-2RNCA-2RNCAP-2RNCP-2R特 長■屋根の両サイドにRがかかっており、意匠性が高い。■デザインにこだわったマンションなどから、 ご発注頂くケースが多い製品。敷地に合わせてサイズなど変更可長さ(L)·高さ(H)·奥行(D)·柱梁間隔(@)は変更可能です。柱施工方式も埋込またはベースプレートをお選びいただけます。お近くの営業所までお問い合わせください。※照明工事別途自転車置場上屋シリーズ 2R総合ラインナップ総合INDEXトピックス自転車ラックシリーズパーキングガレージシリーズ収納シリーズ会社概要よくあるご質問・他自転車置場上屋シリーズ

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る